コマンドラインで作成したファイルを実行する

※Laravel 5.3 で検証しております。バージョンによって書き方が異なる場合がありますので、確認が必要がと思われます。

 

$ php artisan --version
Laravel Framework version 5.3.31

 

ターミナルで、まとまった処理を実行するときにコマンドがあると便利ですね。

 

作成するのにartisan コマンドを使用します。

 

php artisan だけで実行すると、コマンドの説明が表示されます。

 

make に関するコマンドはこれだけあります。 

 

 

make:auth Scaffold basic login and registration views and routes
make:bindings Add repository bindings to service provider.
make:command Create a new Artisan command
make:controller Create a new controller class
make:criteria Create a new criteria.
make:entity Create a new entity.
make:event Create a new event class
make:job Create a new job class
make:listener Create a new event listener class
make:mail Create a new email class
make:middleware Create a new middleware class
make:migration Create a new migration file
make:model Create a new Eloquent model class
make:notification Create a new notification class
make:policy Create a new policy class
make:presenter Create a new presenter.
make:provider Create a new service provider class
make:repository Create a new repository.
make:request Create a new form request class
make:resource Create a new RESTfull controller.
make:seeder Create a new seeder class
make:test Create a new test class
make:transformer Create a new transformer.
make:validator Create a new validator.

 

 

 

 php make:command で作成します。

 

 

作成後、Kernel.phpに登録します。

 

laravel/app/Console/Kernel.php

 

/**
* アプリケーションで提供するArtisanコマンド
*
* @var array
*/
protected $commands = [
Commands\ClassName::class,
];

 

 

laravel/app/Console/Commands/ClassName.php

 

/**
* The name and signature of the console command.
*
* @var string
*/
protected $signature = 'classname:register';

 

好きな名前をつけて下さい。

 

修正したら、コマンド実行

 

php artisan classname:register 

 

修正がうまくいくと、php artisan で一覧に表示されます。